犬の目ヤニ いつでも清潔が基本

犬のサプリメント|症状別でわかる必要な栄養素 > 体調観察 > 犬の目ヤニ いつでも清潔が基本

犬の目ヤニ いつでも清潔が基本

犬種と体質によっても出る頻度が違う

 

パグやシーズー・コッカー種など目が出ている犬種は特に注意が必要です。

 

目が出ているので、目元は清潔にしておかないと最悪の場合、失明の原因になります。

 

目元がきれいだと顔の印象もキレイに見える

 

あなたは朝起きたらまず何をしますか?

 

管理人はまずは、顔を洗います。

 

人は起きた後や朝出かける前には、必ず顔を洗う習慣がありますね。

 

寝ているときにできた目ヤニも洗顔時にキレイに取れるでしょう。

 

犬も寝て起きた後、目ヤニが出ています。

 

犬は目元がぱっちりしていてキレイだと可愛いという印象を持ちます。

 

健康な状態の目ヤニは乾燥していて、手でも軽く取れるものです。

 

毎日取り除き、いつも可愛い犬でいられると人も犬も幸せでしょう。

 

出目犬種は目の病気にかかりやすい

 

短頭犬種にとくに見られる目の出ている出目犬種は目の病気にとてもかかりやすいです。

 

理由は単純に目が出ていることにより、犬同士で遊んだときや、お散歩中に草や枝で目を擦って角膜を傷つけてしまうことが多いからです。

 

目に異常があるだけでストレスを感じ、そわそわ落ち着かなかったり、ご飯を食べない場合もあります。

 

瞬きが多い時や目を擦っているときは目に異常があるサインです。

 

治療の際はエリザベスカラ―と呼ばれる道具を使い、目を掻いたりいじったりできないようにする処置がとられる場合もあります。

 

また、シーズー・マルチーズ・プードルなどに見られる逆まつ毛(外瞼内反症)が原因の病気もあります。

 

目に常にまつ毛が入っている状態なので、愛犬は不快感や痛みを伴います。

 

また、涙が多く出るので常に目の周りが湿り、時には臭いも発します。

 

常に湿った状態でいると、毛が茶褐色になり(涙やけ)、ひどくなると皮膚が炎症を起こします。

 

これは大半が先天的なもので、定期的に獣医でまつ毛を抜くなどの処置が必要でしょう。

 

重度の場合は外科的処置を施すと愛犬は楽になるでしょう。

 

耳が汚いと目ヤニも汚れる

 

目と耳はつながっているので、耳が外耳炎など患っているときは目ヤニもいつもより黒っぽくなることがあります。

 

目の治療と並行して耳の治療もするとよいでしょう。

 

目や耳はいつも清潔に

 

耳掃除は綿棒を使い、あまり奥まではしないようにする。

 

目の内側に目ヤニがたまるので、眼球を傷つけないようコットンでふきとる。

 

エリザベスカラ―で目の病気を防ぐ

 

用語解説

出目犬種=シーズー、パグ、ブルドック種、コッカー種など眼球が出ている犬種

関連記事

  1. 犬の毛艶 犬は汗をかかないって本当?
  2. 犬の体臭 犬のにおいは、ヘビー級
  3. 犬の尿-トイレのしつけと健康管理
  4. 犬のフンの色と硬さ
  5. 愛犬の体調管理をチェック

トラックバックURL

http://xn--vckvb3bzb4b1c0374e.biz/condition/78.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です