ドッグフードの選び方~たくさんあるフードから最良を吟味する方法~

犬のサプリメント|症状別でわかる必要な栄養素 > 食とドッグフード > ドッグフードの選び方~たくさんあるフードから最良を吟味する方法~

ドッグフードの選び方~たくさんあるフードから最良を吟味する方法~

たくさんあるフードから最良を吟味する

 

 

フード選びは犬の体質、大きさ、製品の成分を考慮すれば難しいことではありません。

 

 

自分が着眼する項目をまず最初にまとめてみましょう。

 

 

本当はむずかしくないフード選び

 

 

ペットショップやホームセンターにはかなりの種類のフードがところ狭しと並んでいます。

 

 

一体何種類あるのってついつい思ってしまいます。

 

 

この中から愛犬に合ったものを選び出すのは大変と感じる事もあるかと思います。

 

 

でも、愛犬の好みを知っていれば、そんなにむずかしいことではないのです。

 

 

まず、ドライフードにするのか、缶詰にするか、半生にするかを選びます。

 

 

それぞれの利点欠点を考慮し、愛犬に合ったタイプを選んであげましょう。

 

 

タイプが決まったら、次は素材選びです。

 

 

フードは、チキンベース・ビーフベース・ラムベースのモノが主流で多く販売されています。

 

 

また、極度のアレルギー体質の犬用にホース、カンガルー、アボカドなどといった、アレルギーが出にくいとされている素材も主原料として使われ始めています。

 

 

これらが決まれば、あとは粒の大きさ、食いつき、皮膚やウンチの状態などを考慮して決めてあげると、悩まなくてもすみそうです。

 

 

価格の高低差はどこで決まるの?

 

 

同じ主原料、同じ重量のフードでも製品によって価格の差があります。

 

 

これは主原料の質の違いが原因です。

 

 

分かりやすく説明すると、日本米とタイ米のようなもの。

 

 

タイ米は日本米に比べパサパサしていて価格も安価です。

 

 

これと同様に、主原料になる肉の質、穀物の室によって値段に差が出てくるということなのです。

 

 

すべてが当てはまるわけではありませんが、値段とフードの「質」はある程度比例しているのです。

 

 

 

サプリの要素にも注目!

 

 

近頃、フードの中にサプリメントの要素が含まれているものも多く見られるようになりました。

 

 

関節の保護、皮膚の毛艶をよくする成分が入っていたりとバラエティー豊かになっています。

 

 

これらも選ぶ際に考慮するとよいでしょう。

関連記事

  1. 食事の時間は何時?愛犬にご飯を上げる時間
  2. 食の与え方【老犬編】
  3. 食の与え方【子犬編】
  4. 見た目以上に優れた食事犬用ドライフード
  5. 愛犬に手作り食を
  6. 愛犬のおやつの選び方
  7. 缶詰食 犬の食欲をそそるにおいの食事
  8. ドックフードの価格と安心、正規品と並行輸入品の違いは?
  9. 肉食?雑食?栄養バランスとは?
  10. 愛犬に人間の食べ物をあげていいのか?

トラックバックURL

http://xn--vckvb3bzb4b1c0374e.biz/dogfood/132.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です