食の与え方【老犬編】

食の与え方【老犬編】

栄養バランスで生き生き元気

 

 

7、8歳になると犬も老化が始まってきます。

 

 

この頃から運動の量が減ってきますから、肥満に注意する食事管理をしていきましょう。

 

 

人間の老人と同じですね。

 

 

老化はどこでわかる?

 

 

犬の老化がはじまるのは7、8歳くらいだといわれています。

 

 

なんとなく毛も白っぽくなってきて、毛艶もハリが無くなってきます。

 

 

また若いころに比べ、散歩に行きたがらなくなったり、行ってもあまり走らなくなってくるなどの行動が見られるようになってきます。

 

 

加齢と共に、食欲が減少したり、味覚や嗅覚、排泄能力も低下していくのです。

 

 

このような症状が見られ始めたら、食事を切り替えていく必要があります。

 

 

一番気を付けなければいけないのは、肥満です。

 

 

動く量が減ったのに、食事の量を変えなければ、犬は太る一方です。

 

 

肥満になるとそれだけで体に負担がかかり、病気も発症しやすくなりますから、体重管理は怠れません。

 

 

老犬用に研究されつくられたドッグフードが売られていますから、そういったフードに切り替えていくと良いでしょう。

 

 

 

歯石にも注意が必要

 

 

歯石を甘く見てはいけません。

 

 

歯石はばい菌の塊ですから、犬が病気を患って免疫が落ちてくると悪さをし始めます。

 

 

体中の血管を通って、ばい菌を運んでしまうのです。

 

 

歯周病が悪化している場合、柔らかい食事が必要だったり、細かくしてあげるなどの工夫が必要です。

 

 

もちろん、食事後の歯のお手入れは忘れないでしてあげてください。

 

 

葉のお手入れには、ドライフードもおすすめです。

 

 

 

食事療法食もうまく活用して

 

 

現在では老犬用フードのほかに療法食と呼ばれるフードがあります。

 

 

これは、心臓が悪い犬には塩分の少ない食事、関節の悪い犬には関節をサポートする成分の入った食事というように、患っている病気に合わせて作られたフードなのです。

 

 

療法食を活用し、健康に長生きしてもらいたいものです。

 

関連記事

  1. 食事の時間は何時?愛犬にご飯を上げる時間
  2. 食の与え方【子犬編】
  3. ドッグフードの選び方~たくさんあるフードから最良を吟味する方法~
  4. 見た目以上に優れた食事犬用ドライフード
  5. 愛犬に手作り食を
  6. 愛犬のおやつの選び方
  7. 缶詰食 犬の食欲をそそるにおいの食事
  8. ドックフードの価格と安心、正規品と並行輸入品の違いは?
  9. 肉食?雑食?栄養バランスとは?
  10. 愛犬に人間の食べ物をあげていいのか?

トラックバックURL

http://xn--vckvb3bzb4b1c0374e.biz/dogfood/138.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です