ナイアシン(ニコチン酸) 体内にもっとも多く存在するビタミン

犬のサプリメント|症状別でわかる必要な栄養素 > サプリメント成分 > ナイアシン(ニコチン酸) 体内にもっとも多く存在するビタミン

ナイアシン(ニコチン酸) 体内にもっとも多く存在するビタミン

糖質や脂質の代謝を助ける働きがあります。

 

 

体内で必要なエネルギーの内、60~70%はナイアシンから作られ、血行改善・脳神経の働きを強化・心筋梗塞の再発防止などの効果があります。

 

 

また、悪玉コレステロールを減らす作用も。

 

 

専門家のチェックなしで適量を誤ると危険。

 

 

ナイアシンは不足すると、食欲がなくなり、消化不良、皮ふの発疹がおこります。

 

 

通常の食事から過剰になることはほとんどありませんが、薬やサプリメントでは誤って大量摂取すると、消化不良やひどい下痢などの消化器系の障害や、肝臓の障害などの副作用がありますので気をつけましょう。

 

 

日本で通常の食生活をする場合は不足する心配はほとんどありません。

 

【効果】

血行改善、喘息

 

 

【ナイアシン(ニコチン酸)を多く含む食材】

魚肉・鶏肉・レバー・緑黄色野菜・豆類・穀物など、比較的多く含まれる。

関連記事

  1. カルシウム 強い骨をつくり、イライラ防止にも!
  2. ビタミンC(アスコルビン酸) 万病をシャットアウト!
  3. ビオチン 皮膚と被毛を健康に保つビタミン
  4. 葉酸 体内の様々な反応に関わるビタミン
  5. 科学化合物を解毒するパントテン酸
  6. ビタミン12 貧血を予防するビタミン
  7. ビタミンB6 免疫力をアップ!
  8. ビタミンB2 体脂肪をカット!
  9. ビタミンB1 疲労回復のビタミン
  10. ビタミンK 健康な血液や骨に必要なビタミン

トラックバックURL

http://xn--vckvb3bzb4b1c0374e.biz/ingredient/144.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です