葉酸 体内の様々な反応に関わるビタミン

犬のサプリメント|症状別でわかる必要な栄養素 > サプリメント成分 > 葉酸 体内の様々な反応に関わるビタミン

葉酸 体内の様々な反応に関わるビタミン

胎児に影響を与えるので妊娠初期に積極的に摂るのがいいとよく言われます。

 

 

理由は、遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠だからです。

 

また、心臓発作やがんの予防にもいいと言われています。

 

葉酸不足は、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血=DNAの合成障害が原因で起こる貧血)、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪い、などの症状が現れます。

 

 

「過剰摂取の影響は?」というと、現在のところ摂り過ぎによる疾患は現れていません。

 

 

葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰分は腎臓から尿の中に排出されるため、それほど過剰摂取に敏感になる必要はありません。

 

 

【葉酸を多く含む食品】

枝豆、空豆、白いんげん豆、うずら豆、アスパラガス、ほうれんそう、ブロッコリー、オクラ、芽キャベツなどに多く含まれている。

 

 

【効果】

心臓発作の予防、がん予防、口内炎、舌炎

関連記事

  1. カルシウム 強い骨をつくり、イライラ防止にも!
  2. ビタミンC(アスコルビン酸) 万病をシャットアウト!
  3. ナイアシン(ニコチン酸) 体内にもっとも多く存在するビタミン
  4. ビオチン 皮膚と被毛を健康に保つビタミン
  5. 科学化合物を解毒するパントテン酸
  6. ビタミン12 貧血を予防するビタミン
  7. ビタミンB6 免疫力をアップ!
  8. ビタミンB2 体脂肪をカット!
  9. ビタミンB1 疲労回復のビタミン
  10. ビタミンK 健康な血液や骨に必要なビタミン

トラックバックURL

http://xn--vckvb3bzb4b1c0374e.biz/ingredient/145.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です